【2021年】大手コンビニ4社の干し芋を食べて比較してみた

食レポ

秋になりさつまいもが美味しい季節になりましたね。様々な芋スイーツが登場していますが、なかでも干し芋はヘルシーで美味しくおすすめのおやつです。

干し芋は意外とコンビニでも売られています。それぞれどんな干し芋なのか購入し実際に食べてみました!

干し芋とは?

さつまいもを薄くカットし、蒸して乾燥させた食品。

食物繊維が豊富でビタミンC、カリウムなどのビタミン・ミネラルも豊富!
ほとんどの干し芋の原材料はさつまいものみです。砂糖やバター、添加物等が含まれないため健康的なおやつを食べたい方におすすめです。

コンビニの干し芋を実食

実際にコンビニを周り干し芋を購入してきました。
じっくり食べてレビューしてみたいと思います!

セブンイレブン


税込¥135
容量55g
特徴:さつまいもを丁寧に干し、甘みと風味あるほしいもに仕上げました。

甘さ:★★★★✩
柔らかさ:★★★★✩
芋感:★★★★✩
素材のこだわり:★★★✩✩
コスパ:★★★★★

セブンイレブンの干し芋ですが探してもどこにも無かったんですよね。
しかし最近になって販売されるようになりました。

今回紹介する干し芋の中で最安です。少量なのでちょっとしたおやつに良さそうです。
少し筋っぽい部分があるところが気になりました。
しかし柔らかさは丁度よく短いスティック状で食べやすいです。
ベーシックな美味しい干し芋といった印象です。

ファミリーマート「紅はるか干し芋」


税込¥260
容量42g
特徴:国産紅はるか使用のしっとり柔らかい干し芋です。

甘さ:★★★★✩
柔らかさ:★★★★✩
芋感:★★★★✩
素材のこだわり:★★★★✩
コスパ:★★★✩✩

パッケージ通り、しっとり柔らかい干し芋です。
ほとんどの干し芋に言えるかと思いますが、柔らかさにはばらつきがありますね。少し固めの干し芋も入っています。
甘みもしっかりと感じられ美味しいです。
値段は高めですが国産で柔らかい干し芋を食べたい方におすすめです。

ローソン「有機栽培の干し芋スティック」


税込み¥198
容量80g
特徴:有機JAS規格認定のオーガニック栽培のさつまいもを使用。添加物、保存料を一切使用していない自然食品です。しっとり肉厚。自然な甘さが詰まっています。

甘さ:★★★★✩
柔らかさ:★★★★★
芋感:★★★★★
素材のこだわり:★★★★✩
コスパ:★★★★✩

こちらはスティック型の干し芋です。中国産のサツマイモですが有機栽培のものが使用されておりこだわりが見られます。
厚みがあるせいか、芋のうまみが強く感じられます。こちらも固さにばらつきがあり、指にべとっと付くくらい柔らかいものも入っています。セブンイレブンの干し芋より柔らかい印象です。
量も80gと大満足のボリュームです。

ミニストップ①「有機栽培干し芋」


容量:66g
特徴:有機栽培・保存料・着色料不使用
有機栽培のサツマイモを食べやすいスティックタイプにした干し芋です。

甘さ:★★★★✩
柔らかさ:★★★★★
芋感:★★★★★
素材のこだわり:★★★★✩
コスパ:★★★★★

ローソンと同じく中国産・有機栽培さつまいもを使用したスティック状の干し芋です。
食べてみると柔らかさも味もかなり似ています。ほぼ同じと言ってもよいでしょう。
値段も安いので少量食べたい方におすすめです。

ミニストップ②「茨城県産 紅はるか干し芋」


税込み:¥246
容量:40g
特徴:保存料・着色料不使用
茨城県産の「紅はるか」の自然な甘みを濃縮した干し芋です。

甘さ:★★★★✩
柔らかさ:★★✩✩✩
芋感:★★★★✩
素材のこだわり:★★★★★
コスパ:★★★✩✩

干し芋生産量1位の茨城県産の「紅はるか」のさつまいもを使用した干し芋です。
今まで紹介した干し芋と違い、固く噛み応えがあります。
よく噛むことで芋のうまみ、甘みがしみじみと感じられます。
40g122kcalと少量でカロリーも低く、ダイエット向きですね。
固く手に付きにくいため、出先でヘルシーなおやつが食べたい!というときに最適ではないでしょうか。

干し芋は温めるとより美味しい

ちなみに干し芋はレンジで温めるとかなり柔らかくホクホクの状態で食べられます。
温めすぎると固くなってしまうので、様子を見ながら少しずつ温めるのがおすすめです。
あたため後は水分が蒸発して固くなるので、一度に食べる量のみ温め、すぐに食べましょう。

まとめ

今の時期はスーパーにも様々な干し芋が並びますが、コンビニも負けていませんね。
皆さんが干し芋を購入する際の参考になれば幸いです。

以上、読んでいただき有難うございました!

コメント