派遣工に応募してみた~電話編~

仕事

ここ1ヶ月無職だったのですが、そろそろ働き始めなければと思い求人を見るようになりました。

そこで気になったのが、派遣工の求人です。

この記事では、派遣工の求人に応募し電話面談した際の体験をまとめています。

電話の仕方、電話面談の手順など載せています。参考になれば幸いです。

求人を見つけたきっかけ

求人を見つけたきっかけは、ポストに投函されていた求人チラシでした。

・大手の工場
・工場初心者OK
・高時給
・自宅から近い

という優良求人だったため、応募を決めました。

とにかくお金を貯めたかったですし、大手の工場ならマニュアルや環境もしっかりしてそう!というのが一番の理由でした。

↓ちなみにこちらの求人サイトに載っているものと一緒でした。求人数も多いのでネットで見た方が希望に合う求人が見つかるかもしれません。



高収入や寮完備のシゴトが満載!
工場系シゴト情報求人サイト「工場求人ナビ」

早速、応募の電話をかけてみました。

ついに電話

ついに求人元の派遣会社に電話をかけます。

電話は超の苦手なので、もちろん原稿を準備しました。

派「●●会社の●●でございます。」

私「お忙しいところ恐れ入ります。私●●(チラシの名前)の求人を拝見してお電話させていただきました●●と申します。●●(仕事内容)の求人に応募させていただきたいのですが、担当の方はいらっしゃいますでしょうか?」

派「●●(仕事内容)の求人でしょうか。」

私「はい、そうです。」

派「後ほど担当から折り返しお電話させていただいてもよろしいでしょうか。」

私「はい、大丈夫です」

 
担当の方が席を外していたのか、後で連絡を貰えるようでした。

約20分後に電話がかかってきました。

 

私「はい、●●です」

派「●●会社の●●と申します。●●様のお電話でよろしいでしょうか。」

私「はい、そうです。」

派「有難うございます。早速電話で面談を行いたいのですが、今から1時間程度お時間いただけますでしょうか。」
私「はい、大丈夫です。」

てな感じで、急に長時間の面談が開始。

実はもともと求人チラシの方に、web面接や電話面接も可!なんて書いてあったので、少し覚悟はしていました。

急いでスマホを充電しつつ、紙とペンを用意して準備完了。

面談開始後は、かなりの質問をされました。

面談内容は?

面談内容はざっくりとこんな感じ。

・履歴書に書く内容ほぼ全部
・職務経歴(仕事内容、勤務年数、退職理由まで隅々と)
・紹介を希望する仕事の条件
・仕事内容の説明
・緊急連絡先
・質疑応答

などなど…かなり盛りだくさんです。

正直かなり疲れました。ろくに応募書類を用意していない状態でしたし、勤務時期などは思い出しながら伝えました。退職理由なんてしどろもどろです(笑)

できれば応募書類を手元に準備して挑んだ方が良いでしょう。

電話面談という形は初めてなので戸惑いました。
しかし直接派遣会社や説明会会場に脚を運ぶ必要が無いのはかなり楽だと思いました。

 
そんな感じで面談は終了しました。この面談内容で選考に出してもらえるそうです。
あとは結果待ちなのかな?その後に関しては何も言われませんでした。

最後に工場見学をオススメされたので、念のため予約をお願いしました。

工場見学をして気が変わる可能性もありますし、どうなるかはまだまだわかりませんね。

とりあえず前進できたと思うので、安心しました。

感想

普通は求人に応募すると、最低でも応募書類の準備や面接などがあります。
選考日数を含めると面接に進むまでに1~2週間はかかることがほとんどですよね。

しかし今回応募した求人は派遣会社経由だからか、

・書類の準備がいらない
・面談は電話越しでOK

だったのでかなり楽ですし、早くて便利だな~と思いました。

直接出向いたとしても、書類の確認と面談を一緒に行えるのであればかなり早く選考に進むことができます。

とにかく手間をかけず早く仕事を決めたい方には最適だと感じました。

次回の記事では工場見学についてまとめたいと思います!

読んでいただき有難うございました。

求人検索はこちら↓


今すぐ働く

コメント